医薬品とは?

医薬品とは、病気の予防や治療をするために、名称,成分,分量,用法容量、効能効果,副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものとなります。
【定義】
  ●薬事法第2条1項
この法律で「医薬品とは」次の各号に掲げるものをいう。
[日本薬局方に収められているもの]
人または動物の疾病の診断,治療または予防に使用されることが目的とされるものであって、器具機械(歯科材料、医療 用品及び衛生用品を含む。)でないもの(医薬品部外品を除く。)
人または動物の身体の構造または機能に影響を及ぼすことが目的とされているものであって、器具機械でないもの(医薬部外品および化粧品を除く)
医薬品には 医療用医薬品と一般用医薬品(大衆薬)があります。
医療用医薬品 医師が患者さんの病状に応じた薬を書いた「処方せん」が必要です。
その「処方せん」に基ずいて、薬剤師が調剤して患者さんにわたします。医師の指導や管理のもとに、病状の経過を見ながら使用するくすりです。
現在使用中の薬(一般用医薬品を含めて),薬や食べ物のアレルギー,薬による副作用の経験,妊娠中・授乳中,仕事について(高所での仕事・危険な機械の操作など)医師に伝えることによって、医師はその患者さんに適切な薬を処方します。
■一般用医薬品■
(大衆薬) 医師の処方箋は不要です。薬局や薬店等により、自由に購入できます。一般の人が使用するにあたって、作用も緩やかで安全につくられております。
大衆薬でも飲み合わせや副作用があります。症状、現在服用しているくすり,妊娠の有無,アレルギーや副作用の経験など薬剤師に相談して、適切な薬を購入しましょう。購入した薬に付いていた説明書をよく読むことが大切です。
大衆薬は、一般的には作用が穏やかで安全に作られていますが。医療用医薬品と同じような作用を示すものもあります。薬剤師に説明してもらいましょう。
医薬品の中には数多くの注射薬があり、医師の指示によって使用されます。病院の薬剤師は注射薬の調剤を行います。 
「注射薬処方せん」の内容を適切かどうかチェック(投与量,期間,混合した場合濁ったりしないか, 効力が低下しないか,投与経路が適切かどうか等)して、注射薬の調剤を行います。注射薬の 調剤は無菌室で行われます。


サイトマップ