リアップについて

大正製薬が1999年6月に販売を開始した液状毛髪剤です。発毛効果や脱毛を防ぐ効果があるとされる。1本あたり60mlで、小売価格は5500円である。薬局で一般用医薬品として販売されています。 副作用としては、動悸や息切れ、胸痛などの症状が報告されています。心臓障害の既往歴がある人や、高血圧や低血圧で病院にかかっている人の場合は、使用時に注意が必要です。
使用方法は、1日2回、薬を頭部に塗布する。リアップは、薬用成分としてミノキシジルを1%含有する。この薬は、もともとは血圧降下薬だったが、発毛作用があることが分かり、毛髪剤として開発が進みました。
現在は、世界85カ国でリアップが販売されています。大正製薬が行ったリアップの臨床試験では、参加者の7割に発毛、または脱毛が止まるなどの効果が表れたということである。この結果、2000年3月期の売上高は300億円にのぼり、リポビタンDに次ぐ有力製品となりました。
日本国内では、リアップは男性用に限って販売されています。一方世界では、女性用リアップも76カ国で販売されていて、大規模なヒット商品になっています。大正製薬では、女性用の臨床実験を始めているということである。2003-2004年ごろには厚生労働省からの承認取得を目指しています。 発毛剤 リアップとは? 詳細はこちら


ミノキシジルとは

1960年代に現在のファイザーが創製して、もともとは高血圧の経口薬として用いられていました。 しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見されました。主成分のミノキシジルについて


ミノキシジルの副作用

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みがあります。 多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。


ミノキシジル副作用リスト

  • 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
  • 頭痛、意識朦朧
  • 多毛症
  • 性的不能
  • 重い低血圧
  • 不整脈、動悸
  • 皮膚の紅潮
  • 霞み目
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • 急速な体重増加
  • 下肢、手、足、顔のむくみ

発毛に最適な抜け毛・薄毛対策の商品を徹底的に調査してみました。


育毛剤を買う前に押さえておくべきポイントを伝授!育毛剤の信憑性を徹底的に調査!


サイトマップ